塗料についての基礎知識

押さえておきたい!塗料の基本

家族や住まいを雨や紫外線から守ってくれる外壁の塗膜は、実は1ミリにも満たない薄い膜でしかありません。この塗膜の耐用年数は永久ではなく、いずれその効力を失います。新築時に使用されている塗料で5~6年、最新のフッ素塗料でも15年前後です。

それに対し、日本の住宅の寿命は30~40年ほど。つまり、建てた住まいが寿命をまっとうするまでに2~3回は塗り替えが必要になってくるのです。

以下では、塗料の種類別に特徴と耐用年数をご説明していますので、塗り替えをご検討のみなさまはぜひ参考にしてください。

耐用年数と特徴

種類 耐用年数 費用 特徴
アクリル塗料 4~5年 安い→高い もっとも低コストな塗料ですが、耐用年数が短いため、こまめなメンテナンスが必要です。

【こんなご家庭に】
  • 予算が少ないけどとりあえず塗り替えたい
  • あと5年くらいで建て直しをする
ウレタン塗料 7~8年 塗膜にツヤがあり、硬度・耐薬品性に優れているのが特徴です。ただし、耐用年数はそれほど長くなく、変色する可能性もあります。

【こんなご家庭に】
  • それほどコストはかけられない
  • ある程度、機能を維持できればいい
シリコン塗料 9~11年 アクリルやウレタンより費用は高くなりますが、塗膜にツヤと弾力があり、耐用年数も長めです。

【こんなご家庭に】
  • 長期的に住まいを維持していきたい
フッ素塗料 15~18年 コストは高くなりますが、耐用年数ではもっとも優れています。きれいな光沢や優れた防汚性など、メリットの多い塗料です。

【こんなご家庭に】
  • なるべく長期間、塗り替えたくない
  • 機能性に優れた塗料にしたい

セラミック塗料「ガイナ」【耐用年数:15年から20年】

ガイナはセラミックでできた高性能塗料で、特に断熱性に優れているのが特徴。太陽の熱の約95%を反射するため、夏の暑さを効果的に遮断でき、快適な住空間を維持してくれます。

また、紫外線や風雨による劣化に強いのもポイント。一般的な塗料よりも耐久性に優れ、2~3倍ほど長持ちします。光熱費の削減効果なども含め、長期的に見れば大幅なコスト削減につながるでしょう。なお、断熱以外にも以下のような様々な優れた機能を持っています。

■防音
静かな環境を守ります
■防露
結露の発生を抑えます。
■消臭
さわやかな空気を保ちます。
■透湿
壁の呼吸を助け、クリーンな室内環境を保ちます。
■安全
F☆☆☆☆(※)認定を受けています。
■防汚
汚れがつきにくく、落ちやすい壁になります。
■弾性
ひび割れにくく、衝撃や振動に強くなります。
■不燃
熱に強く、優れた不燃性能を持っています。

※F☆☆☆☆は、Fが「ホルムアルデヒド」を指し、☆の数が多いほどホルムアルデヒドの放散が少ないことを意味しています。もっとも少ないものがF☆☆☆☆です。

光触媒塗料【耐用年数:12年から15年】

紫外線の力を利用して外壁の汚れを分解する新しいタイプの塗料です。分解された汚れが雨で洗い流される「セルフクリーニング効果」が大きな特徴。その他にも、抗菌や空気清浄、防臭など、一般的な塗料にはない様々な機能があります。なお、自然の力で作用するため、人体にも自然環境にもやさしい塗料です。